小代-おじろ-の食を知る

和牛の本場、小代でいただく但馬牛
名物すっぽん料理、ちょうざめ、日本海のカニ
バラエティーに富んだ小代の食材をぜひご堪能ください。

img_3184.jpg img_6575.jpg img_6589.jpg suppon0.jpg dl4a8188.jpg img_7489.jpg img20200609141157063051.jpg pales4.jpg tajimaushi.jpg dl4a9287.jpg
きれいな水と空気がおいしい米や野菜を作り、
愛情たっぷりに育てられた但馬牛は、スクスクと育つ。
小代への旅は、グルメの旅でもあります。
おいしいが詰まった小代の食材に舌鼓。本場の味をぜひどうぞ。

但馬牛
和牛の原点

99.9%

 
閉鎖育種という独自の改良を、1,400年以上貫いてきた但馬牛は、良質な肉牛として全国各地で育種改良が進められ、現在のブランド和牛の原点となりました。1939年(昭和14年)に小代区で誕生した「田尻号」は、全国99.9%の黒毛和種の先祖だと証明されました。

 

黒毛和牛の原点

黒毛和牛の99.9%は昭和14年に小代の貫田で生まれた『田尻号』の子孫だと証明されています

世界的にも有名な神戸ビーフや松坂牛。その素牛は但馬牛で、各地に巣立ち、それらのブランドビーフになっているのです。つまり但馬牛=神戸ビーフや松坂牛だったりするのです。
ここまで多くの影響を与えた『田尻号』は、まさに『和牛の原点』。日本中からその肉質の良さを評価された結果と言えます。小代が産んだ和牛界のスーパースターです!

  

閉鎖育成により守られてきた血統

平安時代の書物にも優れた資質を記されていた但馬牛は、閉鎖育種という独自の改良を1400年以上貫いてきました。
同じ谷筋の牛を交配し続けて、優れた特徴を代々受け継ぐ牛の系統「蔓牛(つるうし)」づくりが盛んになり、明治30年代には、日本初の牛籍台帳(牛の戸籍)が整備され、その後も他府県牛との交配を一切絶つ閉鎖育種を実施。
純血の血統を守り、純粋の但馬牛生産の仕組みを確立しています。

 

 
  
田尻松蔵さんと但馬牛
 

柔らかくて栄養豊富な野草や薬草を食べて、足腰の強い、健康で丈夫な牛に。

但馬では「弁当忘れても傘忘れるな」と昔からいわれるほど、雨の多い地区で、昼夜の寒暖差も大きいのが特徴。山々には豊富な水と、その恵みの野草や薬草も豊富にありました。夏の間は、その柔らかくて栄養豊富な野草や薬草を食べ、毎日険しい山を往き来することで、足腰の強い、健康で丈夫な牛となっていったのです。
また、雪の多い小代では冬の間は『まや』と言われる牛の寝床で飼われ、大切な家族の一員として愛情をたっぷりかけて育てられてきました。

  
さらに詳しく知りたい方は…

但馬牛の販売店&食べられるお店

牛匠上田


本場の美味しい但馬牛の直売店。 神戸ビーフの素牛である但馬牛(たじまうし)。繁殖から販売までの一貫生産を手掛ける上田畜産がお届けする、但馬牛肉専門店「牛匠上田」ぜひお立ち寄り下さい。
香美町小代観光協会すぐ横です。

 

各お宿でいただけます!
すき焼き・しゃぶしゃぶ・焼肉など
ご予約時にご相談ください。


小代のお宿のページへ

 

dl4a6217.jpg dl4a6094.jpg dl4a7813-20.jpg tajimaushi.jpg img_33980.jpg
 

最高峰の但馬牛を小代でおいしくいただこう!

 

小代名物すっぽん

 

 
近くから湧き出る26℃の温泉水を利用し、愛情込めて育てられた小代のすっぽん。コラーゲンたっぷり、プリプリのすっぽんはからだにも良く、健康志向でも注目されています。

 

適温の26℃の温泉水を利用。
地域活性化のため始めたすっぽん養殖。

今から約50年ほど前「町に何か特産品を」と、有志8人ほどではじめたすっぽんの養殖。当初は初めてのことに失敗の連続だったそうですが、試行錯誤の末、小代に湧き出る26℃の温泉水を使ったところ、出荷量も増え、おじろの特産として知られるようになりました。
小代の雄大な山々に囲まれた自然豊かなすっぽん養殖場。
愛情深く育てられたすっぽんは臭みもなく。上質な味わいです。ぜひ、ご堪能ください!

 

 
 

 

 

ヘルシーで栄養満点、滋養強壮の食材の代表

マグネシウム・カルシウム・亜鉛・鉄分などのミネラル、体の酸化を防ぐビタミンEを多く含んでいる「質の良いアルカリ食品」すっぽん。 肉体疲労を回復させるだけでなく、イライラや不眠などの精神的な疲労にも効果があるといわれています。見た目とは裏腹にとてもヘルシーで栄養満点、滋養強壮の食材の代表と言ってもいい食材です。

料理旅館 大平山荘

すっぽん料理、ちょうざめ料理など、小代の名物料理も楽しめる。本格弓道場も備えています。

 
  

料理の宿 藤乃

本場但馬牛はもちろん、すっぽん、ちょうざめ料理など、小代の名物料理も楽しめる。1日1組様限定のお宿です。

 
  

 

旅館 中佐屋旅館

創業50年以上の老舗のお宿。但馬牛のすき焼き、しゃぶしゃぶ、松葉ガニのカニすきなどがおすすめです。

 
  

 

創作旬料理 みか月

旬にこだわり、季節に合わせたお料理が堪能できるお店。居酒屋・会席・各種宴会・法事などのお料理も。

 
  

 
 

 

 

 

小代名物
ちょうざめ料理

 

 
希少なチョウザメの肉は淡泊な味わいで生でたべるとフグに似た食感。キャビア本来の濃厚な味を楽しめる『フレッシュキャビア』は高級珍味です。ぜひ一度味わってみて下さい。

 

栄養価も高い、淡白な淡水魚

 
実は兵庫県で唯一のチョウザメ養殖場がある小代。背中の骨が蝶の形をしていて、姿がサメに似ていることからその名がついていますが、サメではなく、あっさりした淡白な淡水魚。
栄養価も高く、生で食べるとフグのような食感があり、卵は新鮮で濃厚な味わいのキャビアになるチョウザメ。
食用になるのに3年、キャビアが採れるようになるには実に8年の歳月を要する。長い時間と手間がかかりますが、愛情込めて育てられ、生まれる贅沢な逸品、ぜひ味わってみてください。

 
 

 

料理旅館 大平山荘

すっぽん料理、ちょうざめ料理など、小代の名物料理も楽しめる。本格弓道場も備えています。